お腹ぽっこり改善プログラム!そる腹筋とスクワット

スポンサーリンク【一休】
スポンサーリンク【カメラのキタムラ】

お腹ぽっこり改善プログラム

 ジョギングを再開して1か月ほどたちますが、まだ改善できていない状況です。結果が出るまであきらめずに続けていきます。
ジョギング以外でも何か改善できないものがないかいろいろと調べました。その場で楽にできる腹部のさらなる膨張を食い止める方法を見つけました。
現在、これから紹介する“1回10秒の“そる腹筋”で疲れず効果的に腹筋を引き締める方法“と”スクワット“を継続して実践しています。結果が出るのが楽しみです!

1回10秒の“そる腹筋”で疲れず効果的に腹を引き締める方法

 美しい腹筋を楽に確実に手に入れるためには、従来の腹筋運動のように縮めるエクササイズより、伸びる力を利用した「そる腹筋」が有効であるとの情報。
 
<STEP1>足を腰幅に開いて立ち、両足の指をそらせて上げる。
 足を腰幅に開き、両足を平行にして立つ。足指をそらして天井に向け、重心をかかとにかける。足指を上げることで鼠径部が引き上げられ、骨盤が正しい位置にロックされて姿勢が安定。丸まった背中や膝、股関節が伸び、姿勢が正しく整う。
<STEP2>腕を上に伸ばし、両手を耳の後ろで組む。
 高いところにあるものを取るように両手を上に伸ばしたら、そのまま耳の後ろに持っていき親指を下にして組む。肘は左右に広げず、脇を伸ばすことを意識。組んだ手で後頭部を軽く持ち上げて、首を詰まらせないよう意識しながら鼻から息吐く。足指は上げたまま。
<STEP3>上半身をそらせたまま<吐く><吸う>を2回繰り返す。
 鼻から息を吸いながら上半身を後ろにそらせたら、姿勢をキープしたまま10秒程度かけて[鼻から吐く・吸う]を2回繰り返す。首だけを後ろに倒すのではなく、STEP2の姿勢をまま上半身全体を後ろに倒す。目線はさらに上に、骨盤が正しい位置にロックされているため、上体を倒すだけで腹筋に負荷がかかり、筋トレ状態に。息を吐く時はなるべく吐き切るようにすると、横隔膜がキュッと締まり、効果が高まる。無理に痛いところまで頑張る必要はなく、心地よさを感じる程度の角度でそる。
<STEP4>息を吐きながらSTEP2の姿勢に戻る。
 鼻から息を吐きながら、上半身を戻し、STEP2の姿勢に戻る。この後、2~4を4回繰り返す。慣れないうちは1回でもよい。足指は上げたまま。

スクワット

スクワットは、下半身の筋肉を効果的に鍛えられるものです。下半身には体全体の約7割の筋肉が集まっているといわれています。そのため脂肪を燃やすには、下半身を鍛えれば、燃えやすく太りにくい体になり、必然的にお腹周りの脂肪も減っていくというものです。 私はお酒を結構飲むので、内臓脂肪によってお腹のお肉がつきやすくなっていると考えています。内臓脂肪は脂肪の周りにつく脂肪で、メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病の原因とも知られています。
 
 
【実践方法】
①足幅は肩幅より広くし、つま先を少し外に向ける。
②手を肩の高さまでまっすぐ伸ばす。
③膝はつま先の方向に向けたまま、息を吸いながら太ももが床と平行になるまで腰を下ろす。(目線はまっすぐ正面を向いたまま)
※膝はつま先より前に出ないように意識する。
④息を吐きながら、ゆっくりと立ち上がる。
⑤これを10回、3セット行う。

朝のジョギング開始前に、“1回10秒の“そる腹筋”で疲れず効果的に腹筋を引き締める方法“と”スクワット“実践中。

これを毎日続けることが大事。継続は力なり! 


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Pocket
LINEで送る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク【Nikon D850】
ライフスタイル
スポンサーリンク【楽天市場】
スポンサーリンク【amazonプライム会員】
スポンサーリンク【amazon】
Taka-DAIをフォローする
ぶらり道
タイトルとURLをコピーしました